ただ今の八ヶ岳の星空情報


星空1

8月の星空情報

8月12日深夜から14日明け方にかけて、ペルセウス座流星群の活動が活発になると予想されています。

ペルセウス座流星群は毎年8月12日、13日頃を中心に活動する流星群です。

今年は、13日15時頃に活動が最も活発になる(極大)と予想されています。極大の時刻は日本の昼間にあたりますが、14日が新月のため、その前後の夜は、月明かりの影響がなく暗い流星まで見ることができます。そのため、12日深夜から13日の明け方や、13日深夜から14日の明け方にかけて、多くの流星が期待できそうです。空の暗い場所で観察すれば、1時間に30個を超える流星を見ることができるかもしれません。

今年のペルセウス座流星群に関する詳しい情報は解説ページをご覧ください。

また国立天文台では、ペルセウス座流星群を対象とした観察キャンペーン「夏の夜、流れ星を数えよう 2015」を行います。詳しくは、キャンペーンサイトをご覧ください。