その画法は、いっさい下書きはしない即興画である事。故にその画風は多岐に渡り一人の作家の想像範囲を超えた。
尚かつ自由自在にはしるその線の豊かさと鮮やかな色彩に世界の美術ファンから高い評価を得ている。
さらに、1998年に画壇に登場してから2014年末までの制作枚数は、優に1200点を超え5日に1枚ペースの速さで作品を世に生み出しているすべて法則外の画家である。

新月紫紺大プロフィール

シカンダイブルーの画家として知られ、繊細かつ美しい色彩が海外でも話題を呼び、2002年には中国で、日本人として初めて小学生の英語教材の表紙に作品が採用され話題となる。
2012年には、代表作「龍の誕生」がフランスにてジャンヌ・ダルク生誕600周年記念ワインのラベルに選ばれ、一躍世界的に新月紫紺大の名を知らしめるきっかけとなった。
コレクターには、Earth, Wind & Fireのモーリス・ホワイト氏やソ連最後の最高指導者だったミハイル・ゴルバチョフ氏、モンゴル国の現エルベグドルジ大統領など、著名な人物が名を連ねている。

新月紫紺大 FACEBOOKページはこちら